null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!大阪のイルミネーションスポット【4選】

いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。街中をきらきらと輝かせるイルミネーションをご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる大阪のイルミネーションスポットをご紹介します。

ユニバーサル・スタジ・オジャパン~ユニバーサル・ワンダー・クリスマス~

5年連続、世界一の輝きとギネスに認定されている光のツリーのほか、大掛かりなプロジェクションマッピングや花火の打ち上げなど、その壮大な演出は圧巻です。
パーク内のすべてのトイレに車椅子で利用可能な設備があり、車椅子や電動カートの貸出も行っています。また、すべてのショー・アトラクションは、車椅子利用者の専用エリアを設けており、車椅子のまま利用できるアトラクション、備え付けの車椅子に乗り換えて利用するアトラクションなども豊富です。
期間限定のイルミネーションは無料でも楽しめますが、有料チケットを購入し特別鑑賞エリアで鑑賞することもできます。

場所 大阪市此花区桜島2丁目1-33
開催期間 2015年11月13日~2016年1月6日
点灯時間 日により異なります。詳細は公式HPでご確認ください。

海遊館~ちきゅうたいかんイルミネーション~

関西最大級の規模を誇る水族館「海遊館」では、館外の5つのエリアにそれぞれのテーマをもったイルミネーションスポットがあります。館内でもイルミネーションのアーチやくらげをイメージしたイルミネーションなども施されています。
館内の構造はほとんどがスロープとなっており、車椅子ゲスト用のエレベーターが用意されています。また水槽前には車椅子優先ゾーンが設けてあり、混雑時でもゆっくりと観覧することができます。
このイルミネーションは3月まで開催されているので、クリスマスや年末年始の混雑を避けて鑑賞できるのも魅力の一つです。

場所 大阪市港区海岸通1-1-10
開催期間 2015年11月25日~2016年3月6日
点灯時間 17:00~22:00(一部~20:00)

万博記念公園~イルミナイト万博X’mas~

イルミナイト万博X’masでは、公園のシンボルである太陽の塔に映像を投影するプロジェクションマッピングやイルミストリートが開設されています。また開催期間中、ラーメンEXPOも開催されていたり、キッズランドで遊べるなど、イルミネーションだけでなく家族で一日中楽しめるプログラムが盛り沢山です。
イルミネーションを鑑賞できるメイン会場付近(お祭り広場・東大路など)にはバリアフリーのトイレが数か所あり、また傾斜の少ない道が多く快適に車椅子移動ができます。公式HPでは公園全体の各施設や道の段差、傾斜などが分かる「らくらくお散歩マップ」をダウンロードすることができます。

場所 吹田市千里万博公園
開催期間 2015年12月11日~2015年12月27日
点灯時間 16:00~21:00

御堂筋~御堂筋イルミネーション2015~

大阪駅の阪神前交差点から難波西口交差点までの全長4kmにもおよぶ街路樹のイルミネーションは歩道側と車道側違うイルミネーションが施されており、どちらから見ても楽しむことができます。車で通りすぎるだけでも、きらきらした世界観を十分に楽しむことができるので、寒さが心配な方、歩くのが困難な方でも無理せず鑑賞することができます。

場所 御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)
開催期間 2015年11月29日~2016年1月17日
点灯時間 17:00頃~23:00

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る
  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る